様々な広告と特徴

広告っておもしろい

  • インターネット通信の光ファイバーの有無が重要性を増している昨今、ケイズホーム三宮店は、多様化するお客様のご要望にお応えすべく、日々精進しております。

広告の基本的なしくみ

 一般的な広告は、広告主(アドバタイザー、依頼主)と媒体(メディア)の間に、媒体から権限を委ねられた広告代理業が介在して、広告主は広告代理業に対して料金などの交渉を行うという形で行われることが多いです。場合によっては、広告代理店が入らずに直接これらの手続きが行われることがありますが、日系企業ですとまずありません。特にそんな広告媒体の中でも、マスコミが行っている広告媒体にはマスコミ四媒体があります。特にこの媒体が日本では力を持っていますが、ただラジオと雑誌に関しては最近少しずつ下火になってきているそうです。

広告ってロマンチックっすよね

マスコミの広告枠

 特にマスメディアの広告などだとこれらの四大媒体が上げられます。

  • 新聞広告
  • 雑誌広告
  • ラジオ
  • テレビ

 特に最近ではフリーペーパーやインターネットなどの台頭によってこれらもマスコミに入るのではないかという人もいそうですが基本的には入りません。これまでのほとんどの広告収益はこの四大媒体が受け取ってきましたが、今現在はネットやフリーペーパーや様々な小規模、中規模メディアが躍進してきたことにより現在は40%ほどと、既に50%を切ってしまっています。特に、今現在は様々な媒体によって特色のある広告提案や、昔からある経費対効果が高い広告手法が見直されているといったこともあるため、今後はもっとこれらの広告費は減っていくか、むしろベースとなる値段自体が安くなる可能性もあります。

さまざまな媒体

屋外広告

 野外広告とは常時または一定期間、屋外で公衆に表示される看板等の事をいいます。屋外広告物法、建築基点法、道路交通法や条例等により制限がありますが、交通広告やバスシェルター 、POP広告等を含めた媒体をOut Of Home Media (OOH)といいます。様々な指標でその広告効果がうたわれますが、日本の場合だと、ショーイングという指標に基いて単体で取引される場合が多いそうです。

屋外広告の種類

  • 大型映像ボード : 電光掲示板とも呼ばれていて、LEDによる大画ビジョンです。
  • デジタルサイネージ : デジタル映像パネルで駅構内やショッピングモール等に設置されています。
  • 電柱広告 : コミュニティの情報源になります。特に住所を知るのに便利。
  • 消火栓広告:公道上に掲出できる数少ない広告。消火栓標識の下が広告スペースとなっていて、防災活躍への協賛で地元へのイメージ向上につながります。
  • ネオンサイン (Spectaculars) : 繁華街のビルの屋上や壁面等に設置されています。
  • ビルボード (billboard) : 都市部のビルやマンション等の屋上に設置された大型の看板をいう。
  • ポスターボード (Poster Panels) : 主に街路に設ける看板のこと。アメリカでは1本のポールで支える30シートポスターと8シートポスター、大型のペイントブレティン等があります。野立て看板は鉄道や幹線道路沿線の田畑に設置されるもの、駅構内に設置されているものは交通広告に入る。
  • 野球場、サッカー場等の施設広告はOOHになります。

 屋外広告などですと特に、デジタルサイネージなどを最近はよく見かけるのではないでしょうか? またビルボード広告などは最近は映像を流すタイプの大型映像ボードなどで凄い解像度の物がありその技術力にはいつも驚かされます。

交通広告

 交通広告とは列車・バスの車内外、航空機・船舶等公共交通組織に掲出される広告のことをいいます。日本では駅・空港・バス停等公共交通組織の付帯施設に掲出されるものも含めて交通広告というケースが良く見られます。日本やスイスのように鉄道網が発達している国ではこの比率が高いとされています。

  • 鉄道駅、空港、桟橋等交通施設、敷地での掲示
  • 車両内中吊(吊り広告)、広告枠への掲示(鉄道車両、バス、タクシー)。
  • 広告貸切列車:ADトレイン、GreenBox、TOQ-BOX等。
  • 電車車内の液晶ディスプレーで映される広告。
  • ラッピング広告(ラッピング車両):バスや電車の車体、飛行機の機体外部の全てまたは一部を利用した広告。
  • トラック広告:トラックの荷台部分に看板を載せ、宣伝詳細や音楽を流しながら人の集まる場所で宣伝活躍をする媒体。
  • 静止ホイール
  • 乗車券、搭乗券への広告
  • 沿線誌、機内誌
  • 駅(停留所)の案内放送
  • 駅周辺案内図への広告 : 駅構内等に設置されている周辺案内図への広告。集合広告。ナビタ等。

 特に日本では電車の中吊り広告などが非常に効果対経費が高いとされていて、場合によっては東京メトロ全駅ジャックと称して全ての中吊り広告と駅のディスプレイ広告の全てを一色に染めるといった例もあるそうです。

動く媒体

  • チンドン屋、サンドウィッチマン
  • ヘリ・飛行船広告
  • スカイバナー広告:ヘリコプターから旗状の広告をつり下げて飛行するものです。1994年にニュージーランドのスカイバナーズ社が開発。日本においては2001年夏期にコニカが神奈川県の横浜港で実施。
  • 軽飛行機の後部に吊り下げ、飛行中は水平に表示されるものもあります。
  • スカイライティング (skywriting):飛行機雲を利用してメッセージを空に描く。日本においては1989年と2005年の夏期に大塚製薬がポカリスエットの広告を実施。
  • 自動車や小型飛行機から拡声器を使った連呼。
  • アドボード・カー、アドボード・バイク:トラックやオートバイを改造して、荷台の部分に大型の広告スペースを設置した車両(宣伝カー)を、人通りの多い繁華街に走らせる。

その他のSP関連媒体

  • ダイレクトメール:直接広告チラシを郵送したものです。
  • 新聞折込広告:直接広告チラシを新聞に折り込んで配達するものです。
  • ポスティング:直接広告チラシを郵便受けへの投入するものです。
  • チラシラック:鉄道駅やファミリーレストラン等のに設置し、直接広告チラシを入れておくものです。
  • フリーペーパー:駅や美容院等で無料配布する新聞や雑誌。
  • その他の直接広告:チラシやポケットティッシュ等を街頭配布するものです。
  • 電話帳広告
  • POP広告:店頭・店内の広告や販促物
  • 特殊広告 (Specialty advertising):粗品やノベルティグッズの配布
  • 映画館・スライド広告:映画館や博覧会・展示会場等で上映する映画やスライドによる広告。
  • エコーはがき:広告入り官製はがき
  • 公衆電話・携帯電話等で音声による広告聴取により無料通話させるものです。
  • ゲーム内広告 家庭用TVゲームやPCゲームの作品に広告を出すものです。例としてSEGAの『クレイジータクシー』にはタワーレコードやケンタッキー等といったような企業広告がゲーム内に登場していました。
  • ペイパーコール
  • アドバゲーム - ゲーム内広告
  • ブログパーツ

ニューメディア

 広告関連の統計では地上波テレビから区分され、「ニューメディア」という項目になっています。1999年に媒体別広告費でインターネット広告に抜かれてしまいました。

  • CSデジタル放送、BSデジタル放送
  • ケーブルテレビ

インターネット広告

  • webサイトバナー広告:成功報酬型広告、クリック報酬型広告等
  • 検索エンジンによる検索連動型広告
  • メール広告、メーリングリスト広告
  • ブログパーツによる広告

もっといい広告無いのー?

ダイレクト・メール広告

 DM広告、あて名広告等ともいわれます。郵便、電子メール、FAX等を通じて直接個人宛に広告が送信されます。地域・性別・年・仕事・趣味等の特性に従って特定個人に広告訴求でき、テレビ・ラジオ等の放送日、新聞・雑誌の発行日等に左右されず広告主の都合により広告が実施できるという特性があります。ダイレクト・メール広告の送信にあたっては効果的に行うため広告訴求対象リストが製作されています。

特にダイレクトメールなどは

 最近では電子メールによる広告をCRM(顧客の属性情報や接触履歴)に基いて制御して、より多くの資料請求や、売上へと繋げる仕組みが一般化していっています。ステップメールといった単にメールの内容をメルマガ登録日から順番に送るといったものだけでなく、しっかりと必要な属性に合わせた内容へとカスタムされたメールを送るということです。

やはり知名度が高いのはテレビCM

 さて、様々な広告媒体について紹介してまいりましたが、その中でも一際有名なのはやはり、テレビCMということになるかと思います。そんなテレビCMについて、どのような歴史をたどってきたのか、はたまたどのような問題を抱えているのかについて次のページでは紹介していきます。

Back to Top