テレビコマーシャルの歴史

広告っておもしろい

時計と同じく開始

 アメリカでテレビ放送が始まったのは1941年。日本では12年後となる1953年になってようやくテレビ放送が開始されました。

 世界最古のテレビコマーシャルは1941年7月1日、アメリカで放送されました。そのコマーシャルの詳細は「アメリカの地図の中央にBulova WATCH TIMEと書かれたアナログ時計が8時を指している」というシンプルな静止画のコマーシャルが10秒間放送されました。Bulovaは有名なニューヨークにある時計宝飾店で、全米初のラジオコマーシャルが1926年に放送される際にそれを提供したのもこのBulovaだったそうです。また、日本で初めて放映されたコマーシャルも放送されたコマーシャルは1953年8月28日、精工舎の正午の時報です。このように、偶然か必然かはわかりませんが、日米のテレビコマーシャルの歴史は時計によってスタートしたのです。

広告ってロマンチックっすよね

売却を考えている方、足となるものがなくて持ち運びが億劫という際には古本買取なら福岡で有名なクレアブックのご利用を提案いたします。当社ではお客様にご足労掛けず、買取審査もスムーズに行うことをモットーにしております。

テレビ創成期のコマーシャル

 東京のコマーシャル制作企業のフィルムデータが大量に発見されるとう事件が2006年になって起こりましたが、当時はまだまだビデオが無く、テレビ創世記ともなるとコマーシャルに関する資料はほとんど残されていないというのが実情です。そんな中、そのフィルムの発見は非常に貴重な資料となり得たのでした。全部で約八千点にも上るこのフィルムですが、ダイハツのCMやクシャミ3回ルル3錠などの人気流行語などをとなった風邪薬のCMも残っていたそうです。ルルのコピーが昔からずっと続いてきたというのにはちょっと驚きですね。

テレビコマーシャルとコピー

 高度成長期の60年代に差し掛かると、三種の神器と呼ばれていた洗濯機、冷蔵庫、とテレビにつづいて3Cであるカラーテレビ、自家用車、クーラーなどが一般家庭に普及していくと、それらの商品は豊かさの象徴として人々にあこがれを与えて行きました。この頃からCMはコピーにもこだわり始めて、あたり前田のクラッカーやスカッと爽やかコカ・コーラといったコピーなどが生まれ、流行語となっていったのでした。

モーレツからビューティフルへ

 そして、1970年代初頭に「モーレツからビューティフルへ」というテーマのコマーシャルを発表しました。発表したのは、富士ゼロックスでコピー機のコマーシャルだったのですが、その内容は商品が映るわけでもなければ、企業名を強調するわけでもなく、加藤和彦がビューティフル、ビューティフルと歌っている曲がバックで流れながら、彼自身がビューティフルと書かれた紙を持ってひたすら歩くというものでした。

 これは「これからはガムシャラに働いて経済成長を追い求めるだけでなく、もっと洗礼された生活や人間性を大切にしていこう」というメッセージが込められているもので、社会的な影響を及ぼし、結果としてその富士ゼロックスの名前を知らしめました。結果として、この後に続くように社会型コマーシャルという企業のメッセージが込められたものへと変わっていきます。

デジタル技術の発達

 更に80年代なると、デジタル技術が進歩していき、実写では撮影が不可能な映像合成技術も登場し、そのCMのクオリティーは様々な方面へ進化を遂げていきました。特にこれまで撮れなかったようなビジュアルの映像をいとも簡単に撮影できるようになり、特にテレビコマーシャルですと秒数自体が短く、制作費が潤沢であることから新技術の導入が容易であったことも相まってか、このような特殊効果を利用したCMが数多く公開され、その文化が発展していく契機ともなりました。

 またコンピューターグラフィックスの進化に伴い炎や波、煙といったような複雑な動きや、鳥の群れまでも機械で実現可能となった上、「実在しない人間をCGで創り出す」ことまでが可能となりました。特に、グリコの「アイスの実」のコマーシャルでは、実在しないAKBのメンバー「江口愛実」がCGで生み出されたということもありましたね。その時期その時代ではまだまだ精度が低かったものが、技術の確率と革新によって更に精度の高いCGへと変わって行き、もはや現実と全く区別の付かないレベルにまでそれは進化していっているのでした。

もっといい広告無いのー?

現在のテレビCMの傾向として

 現在のテレビCMはよりストーリー仕立ての物で、面白く、見てもらえるような工夫がされたものが増えてきています。これは従来のような商品を伝えるだけ、当り障りのない内容のCMであった場合にCMスキップなどのレコーダーの機能によって飛ばされてしまうというリスクを回避するためのものでしたが、特にテレビCMでそれなりの効果を発揮している企業などはこれをしっかりと実践していっています。特に最近ではテレビCMとWEB、また新聞の広告とWEBといった形に組み合わせて使っていることも多く、その媒体のスペースでは足りない物を自社のWEB広告によって補っているということがほとんどなのです。

そんなテレビCMが抱える問題

 最近ではそんな広告の王様であるテレビコマーシャルにも陰りがみえてきています。特に、その効果と費用が釣り合っていないのではないかという意見が非常に多く、テレビCMをやめて別の広告に切り替えたら、収益が改善したという例もあるほどです。そんなテレビCMの闇について次のページでは紹介していきます。

Back to Top