医者が楽して稼ぐ為におすすめの3つの方法

10月 16, 2018

このウェブサイトはあらゆる職業の方がもっと楽して効率的に稼ぐためのノウハウをまとめています。

 

この記事では、医者の方向けに現在よりも高収入を得るための方法を紹介します。

 

ちなみに、医者の中でも稼げる診療科目は下の方で紹介しているので、医者を目指す学生さんはそちらも参考にして下さい。

医師におすすめの楽して稼ぐ方法とは?

それでは、医者のアナタが楽して収入を増やす方法はなんなのでしょうか?楽しながら高収入を得ているドクターの中で広まっている方法は以下の3つです。

  • 不動産や株などの投資で資産運用をする
  • 当直アルバイトなど、副業で医者のバイトをする
  • より高収入で条件の良い環境に転職をする

1つずつ解説していきましょう。

投資(株式&FX)

1つ目の方法である投資です。もしかしたら既にやっている人も多いかもしれませんね。

 

株式投資の利回りは4%程度であれば安定的に資産運用出来ると言われています。

 

なので、仮に1億円を投資に回せるのであれば、少なくとも年間400万円はほったらかしにしていても入ってくる計算になりますね。実際は複利もあるので、もっと多く入ります。

 

逆に、株式やFX投資は指標を見るのに少なからず時間を取られるので、1000万円以上を投資に回せるのでなければコスパが悪いです。特に、FXでレバレッジを効かせつつ、ある程度ほったらかしでも安全に儲ける為には1000万円くらいは絶対に必要ですね。

 

不動産投資は2020年のオリンピックまでがピークと言われていて、それ以降は不動産バブルが弾ける可能性がありますので今はおすすめ出来ません。首都圏地震の可能性など、自然災害リスクも年々上昇していますからね。

 

ちなみに、株式投資やFXを行う証券会社を選ぶ際のポイントは、『手数料の低さ』です。手数料が高い証券会社を選んでしまうと、どんなにトレードの利益を出しても手数料でガッツリ減ってしまうので注意してください。

 

手数料が低くておすすめな証券会社は以下の2つです。

  • 楽天証券

医者の当直アルバイト

既に医者としてのスキルを持っている方なら、この方法が一番手っ取り早いし楽かもしれません。

 

当直の医師として数時間だけアルバイトするような形です。特に、医師として研究もしているので忙しいという医者の中で最近人気がある働き方ですね。

 

もっと条件の良い病院に転職する

これは医者に限りませんが、やっぱり病院によって

 

 

医師が楽して稼ぐのにおすすめしない副業はWeb医療ライター

逆に、医者が楽して稼ぐのに絶対におすすめしない副業はWebライターです。

 

Webライターというのは文字通りインターネット上のウェブサイトに掲載される文章を書くライターの事です。

 

近年はYMYL(Your Money Your Life)と言って、医療情報や金銭に関わる情報などをインターネット上に掲載する際にシビアな専門性や権威性が求められています。

 

そこで、医学知識の専門家である医師(薬剤師なども含め)向けに医療ライターの求人情報が増えてきているという実情があります。

 

ただ、全体的に医者が副業としてライターをするのは時給が低すぎますね。せいぜい、4000文字の記事1つで1~2万円ですから。(書くのにも1、2時間は掛かりますよね)

 

その割には、書いた記事には医学的見地からみた信頼性が重要視される為、提携先のメディアが何かしらのトラブルにあった際にとばっちりを受ける可能性が大きいです。ここ数年だと、Welqというメディアが嘘の医学的情報を掲載した結果、メディア自体が閉鎖にまで追い込まれています。

 

なので、文章を書くのが大好きで、医者として顔出しもOKで、書いた記事の内容を将来に渡って責任を取れる場合以外はWEBライターはしない方が良いと思います。

楽に稼げる診療科目ランキング

このコーナーでは、医者の専門分野・診療科目で高収入な順にランキング分けしました。

医師を目指す学生の方は参考にして下さい。

勤務医の場合

  1. 腎臓内科
  2. 透析関係の診療科目
  3. 整形外科
  4. 精神科
  5. 内科
  6. 泌尿器科

開業医の場合

  1. 眼科
  2. 耳鼻科・産婦人科
  3. 小児科
  4. 整形外科
  5. 皮膚科
  6. 内科