社長が楽して稼ぐならビジネスモデルの見直しも必要かもしれない

どうも楽して稼ぐ男代表こと今成です。

突然ですが、この記事を読んでいる日本全国の社長さん。

まさかあなた、「楽して稼ぐ方法がどこかに落ちていないか」なんて思ってはいないですよね?

もし図星ならちょっとやばいかもですwww

正しく稼ぐマインドセットのための「7つの習慣」

7つの習慣っていう本を読んだことあります?ビジネス書・自己啓発書としては世界で最も有名なものの1つなので知っている人も多いんじゃないかと思います。もし読んだ事ないなら今すぐ読んでください。

結果を出していない社長さんももう一度読み直してください。ぶっちゃけ俺が言いたいことの70%くらいはこの本の中に書いてある要素と一緒です。

7つの習慣

そもそも論ですが、現代の世の中に蔓延っている自己啓発のノウハウは全てがこの7つの習慣から派生しているものです。

つまり、7つの習慣が一番濃い情報であり、それ以外の自己啓発書は7つの習慣がわからないアホの為に簡単にわかりやすく薄められているということです。まぁ、こんな真実を言ってしまうと困る人が沢山いるわけなんですが(笑)

この記事をここまで読んでいる社長さんであれば7つの習慣程度を難しい本だとは思わないはずなので、ぜひ一度手に取ってみてください。一年後の人生がたった二千円で変わります。

それでも手っ取り早く稼ぐ方法が知りたい社長さんへ

まぁ、ぶっちゃけ楽に稼ぎたいっていう感情自体は悪いことでは無くて、言ってしまえば『効率化』ですからね。

同じ額のお金を稼ぐなら早くて、簡単で、楽な方法が良いに決まってます。

で、現状あんまり楽ではない、想像しているほどの金額が稼げないと感じている社長さんは、参入しているビジネスや、ビジネスの手法に問題がある可能性が高いです。

つまり、わざわざ単価が低く、パイ自体が小さいような「稼げないニッチ市場」に参入しているのではないかなと想像します。

事業の売り上げは単価×販売数なわけで、人気も無いのに1個あたりの儲けが小さくては商売上がったりです。

では、どう改善すれば良いか。

まずは実際の市場規模をしっかりと確認してください。もう十分知っているという方もです。

それで、明らかに厳しいという場合はビジネスの方向転換を考えましょう。

社長のすべき仕事は『決断』です。ダメな社長は決断を先延ばしにします。優秀な社長は決断に迷いがありません。

将来性がないビジネスには今すぐにでもNOを突きつけるマインドが必要なのです。そして次に進みましょう。